いまや主婦も仕事を探すなら英語は必要



色々あってフルタイムのパートで働き始めました。
就職をしよう!と決めてから約1カ月ほどの就職活動で採用されたんですけど、求人情報をチェックしていてパートでも英語のスキルを重視する仕事が多いことにびっくり。
在宅での仕事はしてましたが、外に働きにでるのは18年ぶり。
この間に英語の必要性って増していたんですねー。

趣味で英語は学んでいるけど、仕事で使えるレベルかというと・・・・まだまだ。

私が希望していたのは事務職。
しかも、住んでいるところは都内から電車で1時間半ほどかかる郊外です。
さらには正社員ではなくパート勤務希望。

この条件でなんで英語?って感じなんですけど、それはイマドキの事情があってのこと。

インターネットの普及で販売や仕入れなど取引先が海外にひろがっているんですよね。
日本の商社を通して購入すれば日本語でOKですけど、中間マージンがかかるので直接取引ということも増えてきているようです。
その際に必要となるのが英語。簡単な読み書き程度、電話での応対ができればなお可。というようなところもあり、事務にも英語が求められる時代になっているのを実感しました。
また、海外から日本にきて働いてる方々も多く、社内でのコミュニケーション言語として挨拶程度の英語ができることを条件にしているところもありました。日本の国際化って思った以上に進んでるんですねー。

読むのはなんとか・・・・でも単語を書くのはスペルが怪しい。

そして、実は就職した会社でも微妙に英語が必要。
私が就職した会社は電子部品を製造しています。製造した部品は色々な工業製品に組み込まれ輸出される製品も数多くあります。

そしてヨーロッパなどを中心に、その製品が環境や人体に与える影響のある物質を使っているかどうか、厳しくチェックされるようになってきています。国ごとに基準が異なるし法律もことなるので、その国の基準をクリアしているかどうか確認するのがなかなか大変・・・・。
私は、こういう各国の基準や法律を把握して、適合しているよーという証明書を発行する部門に配属されました。

輸出できないと大変なので、日本でも政府主導でそうした基準に対する情報公開はされているんですが、さらに詳しい情報をや最新の状況をインターネットで調べると英語なんですよねー。
英語の情報を理解することを求められてはいないんですが(英語ができるかどうかは採用基準になかった)、英語がわかれば仕事がスムーズにすすむのは間違いない。
現地の関連のニュースなどネットで無料で見られるものもあるし、読み書きに加えてリスニングができるというのも重要になってきそう。

と、いうことで必須というわけではないんだけど、英語がわかるにこしたことがない部署で仕事をすることになったので、スピードラーニングを聞くのにも気合が入るようになりました。
会社までは自転車通勤。

調べらた私が住んでいるところの条例にでは、イヤホンは片耳で自転車の運転に危険がない状態であれば使用可とのこと。どんなかんじか様子を見ながらちょっと試してみようかな―と思います。
くれぐれも危険のないようにね。

やっぱりグローバル化している今の時代は英語は重要ですね。
転職などで必要になる場合もあるだろうし、私のようにパートの事務でも英語に触れる機会があるわけですからね。
スピードラーニングは家事をしながら聞くこともできるので、忙しくても続けられるのがポイント。
主婦でも子どもでも、英語は学んでおいて損はなさそうですよ。


10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』







あなたにだけに【特別】にお知らせする、英会話習得法とは!

英語の聞き取り回路をOPEN!「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」

『スピードラーニング英語』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>