映画を字幕なしでみるという目標とスピードラーニングは相性がいい



2015年がスタートしましたね。
今年の抱負に「英語」を掲げた人も多いのではないでしょうか。
そういう私も、すでに毎年のこととなっていますが「字幕なしで映画を理解する」ことが抱負です。

フルタイムのパート勤務になり、昨年は映画をみること自体が減っていたので英語学習をする意欲も低下・・・。
スピードラーニングも聞いたり聞かなかったりになっていました。

でも、錦織選手の活躍をみようとWOWOWに加入して、状況が変化。
WOWOWは映画もたくさん放映しているんですよね。
しかも、字幕のものも多い。
お正月休みに何本かみて、「あぁ、やっぱり字幕なしで映画がわかるようになりたい!!」って思いました。

なので!
新年から気合い入れて聞いていますよ。

スピードラーニング12巻
改めて自分の目標を意識して、私の「字幕なしで映画がわかるようになりたい」という目標とスピードラーニングは相性がいいなーと思いました。
どちらも「会話」なんですよね。

映画はナレーションが入る場面もあるけど、映像と会話でストーリーが展開していきます。映画を字幕なしで理解するというのは、登場人物の「会話」を理解すること。
スピードラーニングも「会話」のリスニングですからね。
目指すところは一緒なわけです。

今年に入ってからほぼ毎日スピードラーニングを聞いています。
私は食事の支度をするときと片付けるときに台所で聞いているんだけど、続けて聞いているとスピードラーニングが流れていないと寂しいというか違和感があるように感じられてきます。
こうなると毎日の習慣として定着してくるので続く率がup。

いままで、いい感じになってきたなーと思ったころに、なんとなく意欲が低下してしまうことがおおかったんだけど、今年はWOWOWとのタッグでモチベーションを維持できるんじゃないかなーと思ってます。
映画館にいかなくても、レンタルしてこなくても、字幕の映画が見られますからね。

しかも、どうしても見たい映画というわけでなければ、途中だけもOK。
リスニングの勉強と思って平日の夜のちょっと時間があるときに15分とか、休日の昼間に30分とか、チョコチョコと見ています。
そこでワンフレーズでも聞き取れると「お♪」という気分になって、またスピードラーニングで耳を鍛えようって気持ちになるんですよ。
英語は勉強と実践と両方やるといいっていうけど本当ですね。

今年こそ!!
そう思っているみなさま、一緒にがんばりましょうね。









あなたにだけに【特別】にお知らせする、英会話習得法とは!

英語の聞き取り回路をOPEN!「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」

『スピードラーニング英語』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>