日本語と英語の違いを楽しみながら聞いています



1巻からの聞き直しを始めて1週間。
今まで、できるだけ英語耳を育てたいと思って英語だけのCDをメインで聞いていたんだけど、今回は日本語入りのものから聞き直しています。

私はスピードラーニング歴は結構長いので、同じ1巻でも初めて聞いたころに比べると聞きとるのに必死というわけではなく、ちょっと余裕をもって聞けてるんですよね。
久しぶりに日本語入りのCDを聞いているんだけど、英語の意味を理解するため、というよりも、2つの言語の違いを楽しんでいます。

たとえば・・・

第1巻 テキスト
Have a nice day.

日本語に訳そうと思うと「よい1日を」ですよね。
でも、スピードラーニングの日本語では「いってらっしゃい」。

実は英語には「いってらっしゃい」にドンピシャで当てはまる言葉ってないんですよね。
直訳すると違う意味に感じる、「Have a nice day.」「Have a good time.」は、会社や学校などにでかけていく家族にかける言葉の定番で、ニュアンスとしては一緒なんです。

日本語入りのCDは英語と日本を対比させるっていうよりも、日本語のこういう言い方は英語だとこうなるんだっていう感覚をつかむことを意識したほうがいいのかも。
そうすると自分が「こう言いたい」って思った時に、日本語を直訳して英語にするのではなく、英語の表現で思い浮かべることができそうな気がします。

ちょっとした意識の変化で同じCDでも違う聞き方ができるもんですね。
もうしばらく日本語入りの1巻を聞き続けます。






あなたにだけに【特別】にお知らせする、英会話習得法とは!

英語の聞き取り回路をOPEN!「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」

『スピードラーニング英語』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>