スピードラーニングの英語は速度もポイントだった



テレビを見ていたら始めて見るスピードラーニングのCMがやっていました。
年配のご夫婦にレポーター風のネイティブが英語で質問するCM。最近テレビみること少ないので初めてみたけど、前からやってたのかしら。

ネイティブの英語が早くて何をいっているのか分からず、日本語で「ゆっくり~」と頼んで、これが通じて少しゆっくりになるんだけど、やっぱり早くてわからない。
「外国人の話す英語は早い。わからないのは今まで早い英語を聞いてこなかったら」っていう内容のナレーションが入るんですよ。(文言ははっきり覚えてないのでこんなかんじっていう私の創作です。)

「ゆっくり」って通じるなら日本語わかるんじゃない、日本語で聞いてあげなよって突っ込みなるのはおいといて、確かにネイティブ同士が話すような速度の英語ってあんまり聞かずに大人になりましたね。
学校の英語の授業で聞くのも昔はネイティブの人が講師でくるなんてことなかったですしねー。今のようにインターネットで世界中の情報が手に入るわけでもなく、英語そのものに触れる機会も少なかったですもんね。

私もスピードラーニングを聞き始めた時には「早っ」って思ったんですよ。
今でも早いなーとは思うけど、何を言っているのかまったく聞きとることができない早さではなくなっています。
それだけ耳が鍛えられてきているってことでしょうね。

ゆっくりの英語がちゃんとわかっても、実際に旅行に行って現地の人の会話が早くてわからなかったのでは「英語がわかる」満足感が違いますよね。
やり始めは早くて「うわー無理ー」って思うくらいでちょうどいいのかもしれませんね。

RES01114.jpg
スピードラーニングは日本語がはいっているのと、英語だけのCDがセットになっているんだけど、英語の早さ自体は同じみたいです。
でも日本語が入っている方がゆっくりに聞こえるんですよ。英語→日本語→英語→日本語と切り替わるので、一気に文を読まずに短いセンテンスで区切って読んでいるからでしょうね。

なので、英語の速度は早いけど日本語入りのから始めればついていかれるので大丈夫ですよ。






あなたにだけに【特別】にお知らせする、英会話習得法とは!

英語の聞き取り回路をOPEN!「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」

『スピードラーニング英語』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>