進級時は英語にチャレンジさせるチャンス



春休みが目前ですね。そして4月からは新学期。
我が家には、小・中・高の3人の息子がいて、それぞれ4月に進級します。
三男は小学校6年生になるので中学に向けて、中2・高2になる次男と長男はその先の進学を視野にいれた学習が必要となってきます。
あまり勉強、勉強とせっつきたくはないけど、黙って見守っていると遊んでばかりになっちゃいますしね。
「よく遊び良く学べ」でお勉強も力をいれてほしいなぁと思っています。

中学・高校の教科で得手不得手が一番出やすいのが英語のような気がします。
長男は英語と聞いただけで拒否反応を示す英語嫌いで中学で塾にも通ったけどどうも好きになれないようで点数も落第すれすれ。それに比べると次男は特に英語に苦手意識はないようなんです。

この差って性格や子どもの個性もあるんだけど、小学校で英語の授業があったか、なかったかというのも大きい気がしています。小学校の英語は「楽しい英語」で授業参観でなんどかみたんですけど、ゲームなどを交えながら英語を学んでいました。

それに比べると中学の英語は文法などが入ってきて「語学としての英語」になってくるんですよね。
英語がわかると楽しいって部分がないまま、ここにきちゃうとウチの長男のように「わけわかんねーし。学校以外で英語つかわねーし。」って英語に馴染めないで苦しむことになりがちな気が。。。。

英語は小さいうちに始めるのがいいっていうけど、我が家も何かしておけばよかったなぁと思います。もう遅いですけどね。


スピードラーニングジュニアは視聴させてみたんですけどね。
すでに時遅しで長男には「聞かない」と即答で拒否られました。ww

内容は有名な童話やアドベンチャー的な物語などで、イマドキの中学生には少し子どもっぽい内容に思えた部分もあったようです。小学校の中~高学年だとちょうどいいかんじかな。

子どもも進級時には新たな気持ちになるみたいで、この時期に習いごとを進めると比較的受け入れられやすい気がしています。視聴用のCDは手元にあるので、春休み中に三男に聞かせてみる予定でいます。
「中学からは英語がはじまるし、やったらいいんじゃないかなー」と言って。

次男は私がスピードラーニングを聞いていると、ときどき横で一緒に聞いています。iPodに入れてあげようか?と聞いたらそこまではいいやとつれない返事だったんですけど、リスニングにはちょっと興味があるようです。
こちらも「受験に向けて今から少し聞いておくといいかもよー」とさりげなく再プッシュしてみるつもり。
一応、長男にもね。

長男も次男も部活に一生懸命で塾にいく余裕はないので、スピードラーニングはいいと思うんだけどなぁー。毎日少しの時間でも続けていると英語が聞きとれてくるし、よくでてくるフレーズは覚えていくし、学習効果を実感しているだけにおススメなんだけど、思春期の男の子は母親のいうことにとにかく反発するので、勉強のアドバイスをするのもなかなか難しくなってくるんですよねぇ。。。

受験のためだけではなく、これからの世代にとって英語は必須になっていくでしょうからね。
4月の進学・進級にあわせて英語の学習をスタートするのはよさそうですよ。


子ども向けの英語教材
>>エンジェルコース

小中学生向けの英語教材
>>『スピードラーニング・ジュニア』
>>ヒアリングマラソン・ジュニア シリウス


中・高校生だったらスピードラーニング英語でも平気ですね。
日常会話で英語のレベルは中高で習うくらいの印象ですね。オフィスでの会話などは興味を惹かないかもしれないけど、サマースクールや恋の話、日本の文化についてなどは楽しく聞けると思います。

>>『スピードラーニング英語』







あなたにだけに【特別】にお知らせする、英会話習得法とは!

英語の聞き取り回路をOPEN!「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」

『スピードラーニング英語』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>