英語ができるようになりたい理由をもう一度考えてみた



今月はスピードラーニングの18巻「アメリカの夏休み」を聞いています。

RES01323

>>10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』

9月以降、仕事と子ども関連の用事でフル活動な毎日が続いてて、ホントにちょこちょこと聞いてるだけ~。
でも、聞くだけはほぼ毎日できてるんですよ。
なんだかんだで1年半ですからね。
自分でもこれだけ長く続くと思わなかったのでびっくり。

途中、欲張って色々試してみたり、本を読んでみたりもしたけど、結局、スピードラーニングの本来の使い方である「聞くだけ」ってとこに戻るかんじ。
片手間に、っていうとちょっと語弊があるけど、ゆるいマイペースで取り組める教材だったのが長続きのポイントかな~って思います。

で、この1年半で聞くことは習慣化されてきてるし、このまま長く続けられそうな気がするんだけど、「何ために?」って部分が曖昧になって、なんとなく続けてるってかんじも。σ(^_^;)アセアセ…
なので、初心に帰ってもう一度、考えてみました。




Airport security line / oddharmonic

海外旅行に行く予定は全くない!



私がスピードラーニングを始めようと思ったのは、英語がわかるようになりたいから。
すごく漠然とした理由なんだけど、英語がわかれば、映画は字幕なしでいいし、洋楽の歌詞もわかるし、海外旅行に行っても困らないし、仕事で何か役にたつかもしれないし、いいことだらけだと思ったんです。

では、この1年半で英語ができないと困るシーンがあったかというと~。
ゼロ・・・・・・・・・。(*_*;

思い返してみると見事なほどになかったんですよ~。(苦笑)
でも、英語がわかるようになりたいって気持ちは今もかわらない。
必要なさそうだから、もういいやって思ってもおかしくないのに、なんでそう思うんだろ?って考えてみました。

このブログでも何度か書いてるけど、この1年半で英語が聞きとりやすくなってきてるんですよね~。
それで、TVで来日した海外アーティストのインタビューが部分的にわかったり、映画の予告部分が流れた時に字幕みないでもわかるところがあったり、それがすごく嬉しくて、もうちょっとわかるようになりたいっていう気持ちになって、それがスピードラーニングを聞く原動力になっている感じ。

それに、英語が英語のままわかると、日本語の通訳とは違うニュアンスとかもあって、なんかやっぱりいいんですよ。
「スピードラーニングをやるからには、ペラペラにしゃべれるようになるまで!!」と思ってはいたんだけど、実のところ私は英語を話せるようになりたいんじゃなくて、英語が聞き取れて理解できるようになれればそれで満足なのではないかと・・・。(*゜.゜)ゞポリポリ

そう思うと、「だから聞く以外のことは長続きしないわけだ」と自分の中で妙に納得。
それに「聞くだけは続けられるんだし、聞きとれるようになってきてるんだから、このままのペースでいい」と妙な焦りもなくなり、なんか気分もすっきり♪

「英語ができるようになりたい」って気持ちは多くの人の中にあると思うんですよ。
でも、英語の何ができるようになりたいのか、英語で何がしたいのかっていうのは1人1人違う。

ビジネスで成功したいっていう人もいれば、海外旅行をより楽しみたいっていう人もいるし、子どものパートナーが英語圏の人でコミュニケーションをとりたいっていう人もいるかもしれない。
私の場合は、英語が聞こえてきたときにそのままわかるようになりたくて、なんでかっていうと映画や音楽などのエンターテイメントをより楽しみたいからってことになるかな。

やっぱり、この「何のために」って部分が大事ですね。
私もあやふやだった目標をはっきりさせることで、またモチベーションが上がってきました。(^^)
英語を習得したいと思ってるけど続かない、っていう人は「何のための英語か」っていうのももう1度考えてみるといいかもしれませんよ。


>>石川遼選手の英会話学習は海外でのプレーのため


あと、始めないと上達もない。
母国語以外の言葉を学ぶって、社会人になって生活のしがらみがあるなかでやるには使う時間も限られるし、簡単なことではないと思います。
続けられるのか、本当に上達するのか・・・・いろんな不安があって、二の足を踏みがちなんだけど、実際ところはやらないことには何も変わらない。
やってみた中で、いい部分やイマイチな部分を整理して、自分にあったやり方を探していくしかないんですよね~。

私はラジオを聞いてみたり、本を読んでみたりもしたけど、家事の合間に聞きやすいのはスピードラーニングでした。
それも最初から聞きやすかったわけではなくて、慣れてくるまではどのタイミングで聞くのがいいか試行錯誤の連続。
いろんなシーンで聞いてみてる間に、食器を洗っている時(水ですすぐときは聞きとりにくいからダメ)と拭いてしまうとき、洗濯ものをたたんでいるとき、パンを成型しているとき、半身浴で本を読む気がしないとき、ストレッチをしているとき、が、聞き流しに向いてることがつかめてきました。

そうすると、「今、聞いとこ」って思えるようになって、そのときにCDプレーヤーのスイッチを入れればいいだけっていうのが一番やりやすかった。

RES06515
↑ スピードラーニングほぼ専用になってる愛用のCDラジオ。

どの教材を使って英語力がアップするかは、その人のライフスタイルやモチベーションの高さによって変わりますからね。
やっぱり最終的には自分で試してみるしかない。
スピードラーニングは10日間の無料試聴がついているんで、その間に、どのタイミングなら聞けそうか、続けられそうか、実際の生活の中で試してみることができます。

無料試聴のときのポイントは別記事にまとめてあるので、目を通すと何か参考になる・・・かも?!
スピードラーニング無料試聴をするときのポイント

目標を決める→始める→続ける。
これが英語習得の一番の近道!!
私も心機一転、気持ちも新たに英会話学習を続けます♪


>>スピードラーニング詳細&無料試聴申込み(エスプリライン公式サイト)






あなたにだけに【特別】にお知らせする、英会話習得法とは!

英語の聞き取り回路をOPEN!「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」

『スピードラーニング英語』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>