聞くだけに、言ってみるをプラス



スピードラーニングを始めて約2カ月。
聞くアイテムもCDラジオ、MP3、携帯と3つに増えました。
どんなときに聞くかっていうのも、なんとなくリズムができてスムーズ♪

で、英語の学び方ノウハウを書いてる本を読んで、やった方がよいとされていた音読(声を出して発音)もやり始めました。
時間に余裕があるときだけ、ですけどね。(^^ゞ

RES06981 

英語→日本語版を聞きながらテキストを音読。
読もうと思うと、逆にちゃんと発音できなかったりするので・・・・・・・
英語のスピードに合わせて発音、日本語のときに次の英文をさっと確認。
今まで聞いてなんとなく覚えてる音をナレーションに合わせて言うってかんじ。

スラスラとできるなんて思わないでくださね。
「あれれれ~?」って状態ですから~。σ(^_^;)アセアセ…

でも、最初は照れ臭かったのが段々と気恥しさより、同じように発音できた時の快感が勝って、いわゆる日本語っぽい英語ではない英語が口からでてくるように♪

毎回テキストを見ながらやるゆとりはないんで、聞きながら分かるとこだけ一緒に発音とかもしています。
でも、これができるのは英語→日本語版のみ。
話すスピードがゆっくりですからね。

RES06982
これは3巻のCDの長さの表示。
英語→日本語版をフルに聞くと47分かかります。
なので、今日は3章まで、とか細切れに聞くカタチ。

それでも発音しながらだとそれなりに達成感がありますけどね。
英語オンリー版で、今日は全部聞いたという達成感も捨てがたい。
なので、その日の気分や聞く場所や時間によって、どちらを聞くかを決めています。

1枚のCDを徹底的に聞きこむっていう方法も有効みたいですけどね。
私の場合それだと飽きちゃってダメ~。(*゜.゜)ゞポリポリ
なので1~2巻にしてみたり、いろいろやってます。

音読(発声)も飽きない工夫の一つともいえるかも。
でも、声を出すって心にも脳にもいいっていいますしね。
実際に声をだしていってみると気持ちいい~。

発音するときに一番やりやすいのは3巻かなぁ。
オフィスでの会話だから難しそうな気がきますけどね。
「おはようございます」「お願いします」「分かりました」「ありがとう」
こういう短くてよく使うものが多いんで言いやすいんです。
日常会話のほうが言いやすそうなのに、面白いもんですよね。

それと音読に力が入るにはもう一つ理由が・・・・・・。
9月にはフリートークを試してみようと思ってるです。
まだ1回もやったことないんですよ~。

それに備えて英語を口にだす練習♪
フリートークに挑戦したらこのサイトで報告しますね。






あなたにだけに【特別】にお知らせする、英会話習得法とは!

英語の聞き取り回路をOPEN!「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo! <キクゾー!>」

『スピードラーニング英語』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>